「買値」と「売値」の差額

uyy各 FX業者のホームページや、数あるFX ブログなどFX関連のサイトをチェックしてみると、必ずと言っていいほど毎回スプレッドに関する説明文が掲載されていることに気づかされます。果たしてスプレッドとは何でしょうか? 

簡単にまとめれば、スプレッドとは「買値」と「売値」の差額のことです。FXトレードにおいて買値と売値には相関関係があります。FX業者にとってスプレッドは自社の利益につながるシステムであり、私たちトレーダーにとっては取引時の手数料のような存在にあたります。従って各FX業者を選別する際は、スプレッドが狭い業者を選んだ方が取引コストを軽減出来て有利なわけです。最近では低スプレッドを謳って顧客獲得を目指しているFX業者は枚挙にいとまがありません。実際、スプレッドはFX業者を選ぶ際の大きな決め手になります。

さて、一昔前までスプレッドは、ドル円トレードで5ポイント前後が主流でした。加えて取引手数料も加算されていたため、10,000ドルのトレードを行うためには毎回1,000円以上ものコストがかかっていました。

ところが最近では多くのFX業者が顧客獲得を目指してしのぎを削るようになったため、取引手数料が大幅に引き下げられるようになりました。今では取引手数料が無料というFX業者はさして珍しくありません。むしろ取引手数料を徴収する業者を探す方が大変なくらいです。スプレッドも年々縮小しており、クリック証券のようにわずか1銭未満という驚異的な低スプレッドを実施しているFX業者も少しずつ現れてきました。その例として、XEマーケットが挙げられます。取引コストが安くなったため、デイトレードのように短期間で頻繁に取引を繰り返すトレード手法も日常的になり、FX初めてにとってはありがたいこと尽くめなのです。

運用成績の向上

取引コストを削減することで、トレーダーの純利益をアップさせることが出来ます。10,000円獲得しても手数料を2,000円支払えば手元には8,000円しか残りませんが、手数料を500円に抑えれば9,500円が純利益となります。

関連WEB: ハイロウオーストラリア.com

自分のFXトレードの勝率を向上させることは容易ではありませんが、取引コストの削減なら簡単です。利用するFX業者そのものを変えてしまえばいいのです。もしも現在活用しているFX業者が取引手数料を徴収するタイプなら、すぐに他の業者に乗り換えることをお勧めいたします。近頃では取引手数料無料というFX業者は珍しくないので、手数料を支払うのはもったいない話です。

また、FX業者を変更しようと考えてる方は、スプレッドにも着目しましょう。スプレッドはトレーダーにとっては手数料にも等しい存在であり、取引手数料が無料でもスプレッドが高ければ本末転倒です。変動スプレッドなのか固定スプレッドなのか、その値幅はどのくらいなのか、細かくチェックして自分に合ったFX業者を吟味しましょう。